ワンちゃんの歯磨きの方法って、、、

去る2020年2月1日(土)ワンちゃんのイベントである「犬祭里山」というイベントに初出店させて頂きました。

昨年10月以来の2度目の大型イベント出店に、かなりドキドキしましたが、無事に終えることができました。
イベントの実行委員会の方々の、細かな企画と運営に驚いたと同時に、2月の寒い時期にも関わらず、天候にも恵まれてたくさんのワンちゃんたちがブースにお立ち寄り下さいました。
ブースの準備とイベントスタートからたくさんのワンちゃんたちがお試しケアに来て頂いて、終了間際までケアの予約でいっぱいなのもあり、実際のイベント全体の様子は、見ることはできませんでしたが、当日約40頭のワンちゃんたちのケアを通じて、あらためて、ワンちゃんたちのお口の健康に対する関心や飼い主さまの意識が良い意味で少しずつ変わって来ているのを感じました。

僕がワンちゃんのデンタルケアを始めたころは、歯磨きをワンちゃんに毎日している、とおっしゃる飼い主さまとあまりお会いすることはありませんでしたが、今回のイベント出店でお会いした飼い主さまは以前と比べて少しずつですが増えたような、そんな印象でした。

ひとは、毎日歯磨きするのに対して、犬たちのお口のケアはやったことがない、あるいはやり方がわからないといったお話もありましたが、歯磨きはするが、なかなか奥歯まで磨けないといった具体例な相談も含めて話があり、お試し歯石取りケアを体験して頂きながら、日常のお口のケアについてもアドバイスさせて頂きました。

犬の歯は上下合わせて42本あり、ひとの歯よりもかなり複雑な形状をしているので、歯ブラシで歯磨きをする場合、歯ブラシの角度や、磨く際の歯ブラシの磨く圧の掛け方を正しく理解しないと、磨き残しがすごく多かったり、圧が強くて歯肉自体にキズをつけてしまい炎症を起こす、などといった事に陥ってしまうこともたくさんあります。

では、どのようにすれば良いか、、、

具体的な磨き方、磨く際の磨き圧の度合い、また良い歯ブラシの選び方など、ご相談に乗れることがたくさんあります。

また、なかなか歯磨きさせてくれない場合は、どうすれば良いかなども、ご相談に乗れますので、いろんな疑問も含めて、是非お気軽にお声かけ下されば嬉しいです。

ワンちゃんたちのお口のケアを通じて、ワンちゃんたちの健康に寄り添い、これからも全力でサポートしていきます。

ワンちゃんたちのQOL の向上のために、、、

BESTIES(PET ORAL CARE)

ワンちゃんの口腔ケア(麻酔をしない歯石除去ケア)のお店です。オールハンドで丁寧なケアを心がけてます。

0コメント

  • 1000 / 1000